« MBSの一部売却を検討すべき | トップページ | 投資家や格付け会社の批判をけん制(英国首相) »

2010年3月28日 (日)

実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)確定値は2009年第4四半期

 米国の実質国内総生産(GDP、季節調整済み、年率)確定値は2009年第4四半期(10-12月)に
   前期比年率+5.6%
と増加した。
 また、同四半期の企業利益も拡大し、経済成長の継続と雇用増加への期待が広がった。   

 米商務省が26日発表した実質GDPは設備投資や個人消費、在庫のGDP寄与度の修正を反映し
   改定値+5.9%
から下方修正されたものの、過去6年で最大の増加率となった。

 市場予想では改定値から変わらずで速報は5.7%増だった。   

 なお、GDPは09年通期では前年比2.4%縮小し、1946年以来で最悪の年となった。   た。   
 個人消費は1.6%増加(改定値は1.7%増)に小幅下方修正した。
 前期は2.8%増だった。 

   

« MBSの一部売却を検討すべき | トップページ | 投資家や格付け会社の批判をけん制(英国首相) »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« MBSの一部売却を検討すべき | トップページ | 投資家や格付け会社の批判をけん制(英国首相) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ