« 米ロスパイ事件 | トップページ | 4-6月期(第2四半期)の米国経済が過去4年間で最も健全 »

2010年7月14日 (水)

向こう数カ月は輸出の伸びが鈍化(米国)

 5月の米国の貿易赤字は市場の予想外に拡大し、2008年11月以来の高水準となった。
 輸入の伸びが輸出よりも大きかったことが影響した。
 ranking

 商務省が発表した5月の貿易収支統計によると、財とサービスを合わせた貿易収支(国際収支ベース、季節調整済み)は
   423億ドルの赤字(前月 403億ドル 速報値と一致)
から赤字幅が4.8%拡大した。
 市場の事前予想では、390億ドルへの縮小が見込まれていた。 ranking

 なお、輸出は2.4%増の1523億ドルで産業資材や事務機器、半導体の伸びを反映した。
 輸入は2.9%増えて 1945億ドルとなり、自動車や医薬品、玩具、衣料品の需要が増えた。 ranking

 国内総生産(GDP)算出に使用されるインフレを控除した実質財収支は460億ドルの赤字に拡大した。 ranking

    

« 米ロスパイ事件 | トップページ | 4-6月期(第2四半期)の米国経済が過去4年間で最も健全 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向こう数カ月は輸出の伸びが鈍化(米国):

« 米ロスパイ事件 | トップページ | 4-6月期(第2四半期)の米国経済が過去4年間で最も健全 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ