« 欧州周辺国 危機からの回復 | トップページ | 米国が財政赤字の問題を解決できなければ... »

2011年1月26日 (水)

世界経済のパワーバランスが新興市場へシフト

 世界経済フォーラム(WEF)年次総会(通称 ダボス会議)では世界経済のパワーバランスがシフトしているという流れを反映したようだ。ranking

 世界のビジネスエリートたちがスイスのリゾート地で開かれる会議へ参加するが、ブラジルとロシア、インド、中国などのBRICsを中心に新興市場からは約365人の企業首脳が同会議に出席する予定だ。ranking

 国際通貨基金(IMF)は、こうした新興国が世界のリセッション(景気後退)脱却に寄与し、今年も成長をけん引すると予想している。
 2011年の経済成長率は新興市場が 6.5%と、先進国の2.6%の倍以上になると期待される。ranking

« 欧州周辺国 危機からの回復 | トップページ | 米国が財政赤字の問題を解決できなければ... »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済のパワーバランスが新興市場へシフト:

« 欧州周辺国 危機からの回復 | トップページ | 米国が財政赤字の問題を解決できなければ... »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ