« 自動車ローンが信用バブルにつながりかねない(ブラジル) | トップページ | ブラジル中央銀行は市場への資金を流すバルブを閉める動き »

2011年1月20日 (木)

ブラジルで先月発表された資本規制の強化は最長6年8カ月延長されているローンの償還期間短縮が目的

 カルロス・エンリケ・デアルメイダ氏の発言
   エコノミスト(セラサ・エクスペリアン)
 先月発表された資本規制の強化について
    信用履歴の乏しい低所得者層
向けに最長6年8カ月延長されているローンの償還期間短縮が目的だと指摘した。 ranking
 同社によれば、自動車ローンを含む
    消費者ローンの延滞
は昨年、6.3%増加し、2008年の金融危機以来の大幅な伸びとなった。
 なお、昨年11月の自動車ローンの平均金利は22.8%であった。 ranking

 昨年の自動車ローンは45%増加と、伸び率が米国の11%を上回り、ブラジルの約20年ぶり高成長を後押しした。
 自動車の所有者が年に1回の
    自動車税
やほかの年初の支払いに苦戦するなか、今年初めにデフォルト(債務不履行)が増加する可能性があると指摘した。 ranking  

  

« 自動車ローンが信用バブルにつながりかねない(ブラジル) | トップページ | ブラジル中央銀行は市場への資金を流すバルブを閉める動き »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 自動車ローンが信用バブルにつながりかねない(ブラジル) | トップページ | ブラジル中央銀行は市場への資金を流すバルブを閉める動き »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ