« 2月の製造業耐久財受注額(米国) | トップページ | 救済な必要な国はポルトガルとスペイン »

2011年3月25日 (金)

カダフィ政権の地上軍への攻撃実行では合意していない(NATO)

 ラスムセン事務総長(北大西洋条約機構 NATO)の発言(24日)
    要 件  CNNテレビとのインタビュー
 NATOがリビア上空の
    飛行禁止地域の実行
で指揮権を執るが、カダフィ政権の地上軍への攻撃実行では合意していないことを明らかにした。

 

同事務総長は、われわれはNATOがより幅広い責任を担うかどうか決定していないと語ったことから、軍投入による人的被害を受け入れる用意は出来ていないということのようだ。
 地上軍の投入になれば、当然ながら、カダフィー軍の狙撃を受ける可能性は高い。
 相手側の土俵の上に出て、戦うようなものであり、アラブ連盟による対応を進める可能性が高そうだ。

   

« 2月の製造業耐久財受注額(米国) | トップページ | 救済な必要な国はポルトガルとスペイン »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 2月の製造業耐久財受注額(米国) | トップページ | 救済な必要な国はポルトガルとスペイン »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ