« バークシャー・ハサウェイ 5億600万ドルの評価損を計上 | トップページ | 米中戦略・経済対話で段の元高を求めるとの観測 »

2011年5月 8日 (日)

保守党と自民党の関係が緊張する兆候(英国)

 

自由民主党党首であるクレッグ副首相は現行の
   単純小選挙区制度
から
   優先順位付き連記投票制
への変更の是非を問う国民投票を保守党との連立政権樹立の前提条件としていた。
 英国の下院選挙制度をめぐる5日の国民投票では、約70%が同副首相が主張する新制度に反対する結果となった。ranking

 キャメロン首相にとって勝利となるが、英国民投票をめぐっては、改革に反対する
   「ノー」キャンペーン
でクレッグ副首相への一連の個人攻撃が行われており、保守党と自民党の関係が緊張する兆候がある。
 なお、保守、自民党ともに、連立政権が
   財政赤字を削減する戦略
を維持するとしている。 ranking  

 
 
  
 
 

« バークシャー・ハサウェイ 5億600万ドルの評価損を計上 | トップページ | 米中戦略・経済対話で段の元高を求めるとの観測 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保守党と自民党の関係が緊張する兆候(英国):

« バークシャー・ハサウェイ 5億600万ドルの評価損を計上 | トップページ | 米中戦略・経済対話で段の元高を求めるとの観測 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ