« 4月のユーロ圏消費者物価指数 | トップページ | 大き過ぎてつぶせない銀行への資本規制の強化 »

2011年5月17日 (火)

ギリシャには民営化の余地

 フェクター財務相(オーストリア)は16日、ブリュッセルでの欧州財務相会合が始まる前に記者団に対し
    ギリシャには民営化の余地
がかなりある。
 追加支援を求める前に自国で対応すべきだと述べた。 ranking

 なお、IMFはギリシャやアイルランド、ポルトガル向けの救済資金の3分の1を拠出する役割を担っているが、欧州の財務相はストロスカーン専務理事の逮捕がこの役割に悪影響を及ぼすことはないとの見解を示した。
 今回の会合には、ネマト・シャフィク副専務理事がIMFの代表として出席している。

 同会合ではこのほか、ポルトガルに対する780億ユーロの支援承認とドラギ・イタリア銀行(中央銀行)総裁の欧州中央銀行(ECB)次期総裁への指名も議題に入っている。ranking

  

« 4月のユーロ圏消費者物価指数 | トップページ | 大き過ぎてつぶせない銀行への資本規制の強化 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャには民営化の余地:

« 4月のユーロ圏消費者物価指数 | トップページ | 大き過ぎてつぶせない銀行への資本規制の強化 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ