« 敬天愛人 | トップページ | 連邦議会両院合同会議を開催するよう要請 »

2011年8月31日 (水)

英国の消費者心理が8月は3カ月連続

 英国の調査会社GfK ・NOPが31日発表した指数は
   一般世帯が国内景気見通しに一段と悲観的
になっていることを示唆した。
 8月の英消費者信頼感指数は
  -31(前月比-1ポイント)
であった。
 今後1年の景気について家計の見通しを測る指数は-31(前月比-4ポイント)となった。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

ひとこと
 財政再建目的から増税等を政治家が発言すればこうした心理が広がり、逆に資金の流れが滞ることとなり消費後退から不景気感が強まるだけだ。
 日本の政治家やマスコミは愚かにも、こうした発言が欧米よりも多すぎるため
    消費者の財布の紐を締め付け
ており、お先真っ暗の状態だ。
 薄利多売の弊害と同じだ。

 
 
 

« 敬天愛人 | トップページ | 連邦議会両院合同会議を開催するよう要請 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国の消費者心理が8月は3カ月連続:

« 敬天愛人 | トップページ | 連邦議会両院合同会議を開催するよう要請 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ