« オーストラリア準備銀行は2012年半ばまで政策金利を据え置きか? | トップページ | リビア資産の凍結解除 »

2011年8月26日 (金)

欧州7月の民間向け融資

 ユーロ圏17カ国では域内の財政危機が景気への重しとなり、融資需要を圧迫し7月に家計と企業向け融資の伸びが鈍化した。

 欧州中央銀行(ECB)の26日の発表によれば、7月の民間向け融資は
   前年同月比+2.4%
の増加となった。
 なお、6月は同2.5%増だった。

 また、同時に発表された7月の拡大M3(現金、要求払い預金、定期貯蓄性預金、投資信託の一部)は季節調整済みで
   前年同月比+2%
に増加した。
 6月は同1.9%増だった。

 ECBは拡大M3をインフレ見通しの指標としている。
 
 

     ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  


ひとこと

 米国の債務不履行になるかどうかの状態で債券の発行額の上限引き上げにともなる資金シフトが、欧州へ流れた影響が見られたのだろう。

 

« オーストラリア準備銀行は2012年半ばまで政策金利を据え置きか? | トップページ | リビア資産の凍結解除 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州7月の民間向け融資:

« オーストラリア準備銀行は2012年半ばまで政策金利を据え置きか? | トップページ | リビア資産の凍結解除 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ