« 通貨ユーロの失敗により、欧州の統一と繁栄が脅威にさらされる | トップページ | 外国からの金融支援なしで内戦からの復興は可能 »

2011年8月25日 (木)

虚心坦懐

【読み方】

 きょしんたんかい

【意味】
 わだかまりがなく、落ち着いているさま。

【つぶやき】
 去るものを追わず、来るものは拒まずという、未練も執着もない無碍な境地でもあるが、なかなか欲が残って、こだわりが尾を引くことも多い。投資での失敗などの過去の事例を躊躇して売り時を逃すことはよくあることだ。投資活動では欲は必要だが、欲が多くても問題があるだろう。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

« 通貨ユーロの失敗により、欧州の統一と繁栄が脅威にさらされる | トップページ | 外国からの金融支援なしで内戦からの復興は可能 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虚心坦懐:

« 通貨ユーロの失敗により、欧州の統一と繁栄が脅威にさらされる | トップページ | 外国からの金融支援なしで内戦からの復興は可能 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ