« カダフィ大佐の所在は? | トップページ | 首都でのカダフィ派の無力化には約1週間を要する »

2011年8月23日 (火)

カダフィ大佐の所在情報は錯綜

 アルジャジーラによると、反体制派の国民評議会の顧問、モハメド・アル・アカリ氏は、カダフィ大佐の所在に関し
   国境付近へと逃亡した可能性
があると述べた。
 一方では、まだトリポリ市内にいる可能性が高いとの情報もあるという。

 アブドルジャリル議長(国民評議会)は、カダフィ大佐は生きたまま身柄を拘束し、リビア国民に対する罪で裁判にかけるべきだと述べた。

 なお反体制派が息子の一人、モハメド氏の自宅を襲撃し、同氏は拘束されたという。

 また、市民が反体制派の首都進攻を祝って緑の広場で国歌を歌い、空中に向かって発砲する映像を伝えた。
 反体制派の旗を掲げ、カダフィ大佐のポスターを引き裂く市民の姿もあった。

            

 ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

« カダフィ大佐の所在は? | トップページ | 首都でのカダフィ派の無力化には約1週間を要する »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カダフィ大佐の所在情報は錯綜:

« カダフィ大佐の所在は? | トップページ | 首都でのカダフィ派の無力化には約1週間を要する »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ