« 手段の悪用だと非難 | トップページ | 欧州ソブリン債危機は一段と危険な局面 »

2011年8月13日 (土)

シリアの貿易相手国に対し牽制球

 クリントン国務長官は12日、国務省での記者会見で
   シリアの貿易相手国
は原油やガス輸入やアサド政権への武器売却を停止し
   正しい側
に立つことを求めると訴えた。
 この会見で、シリアの貿易相手国について特定は避けたものの、11日のCBSニュースとのインタビューでは中国とインド、ロシアを名指ししていた。

   

« 手段の悪用だと非難 | トップページ | 欧州ソブリン債危機は一段と危険な局面 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリアの貿易相手国に対し牽制球:

« 手段の悪用だと非難 | トップページ | 欧州ソブリン債危機は一段と危険な局面 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ