« ギリシャ問題 民間負担を拡大させる? | トップページ | 欧州各国 債務危機の封じ込めに苦しむ »

2011年9月29日 (木)

蛙鳴蝉噪

【読み方】

 あめいせんそう

【意味】
 役に立たぬ議論や、内容のない文章のたとえ。カエルや蝉がやかましく鳴き立てるように、ただやかましく騒ぐこと。

【つぶやき】
 なんら生産性のない思考や議論でも別の視点や時間軸、環境によっては役に立つような部分が反映出来るかもしれない。ただ、時間的な余裕があるのかどうかだ。

 
     ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

« ギリシャ問題 民間負担を拡大させる? | トップページ | 欧州各国 債務危機の封じ込めに苦しむ »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蛙鳴蝉噪:

« ギリシャ問題 民間負担を拡大させる? | トップページ | 欧州各国 債務危機の封じ込めに苦しむ »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ