« 懇切丁寧 | トップページ | 阿諛追従 »

2011年9月28日 (水)

ギリシャ支援本格化への一歩

 メルケル首相(ドイツ)の発言(27日)
   パパンドレウ首相(ギリシャ)と共同記者会見
  場 所  ベルリン

 

ギリシャには
   国際支援
を受けるための条件を満たす用意があると述べた。
 ギリシャは目標達成を目指しており、ドイツはそれを助ける用意があると述べた。

 ま た、ギリシャは条件を満たす「大きな責任」を負っていると指摘した。
 ドイツはユーロ圏の中で
   強いギリシャの存在
を望むと語った。

 なお、ギリシャの条件達成の可否は、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)の3機関、いわゆる「トロイカ」が審査することとなる。

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

  

ひとこと
 ドイツのめるける首相との会談内容の詳細がわからないが、ギリシャへの支援がほぼ確定する気配だ。これにより欧州通貨ユーロを買い戻す動きが強まり主要通貨に対する円売りが見られた。

 
 
 

« 懇切丁寧 | トップページ | 阿諛追従 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャ支援本格化への一歩:

« 懇切丁寧 | トップページ | 阿諛追従 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ