« トンガでM6.2の地震 | トップページ | 無分別に銀行資本の増強を要求するのは有益ではない(ドイツ) »

2011年9月23日 (金)

古今無双

【読み方】

 ここんむそう

【意味】
 昔から今日まで、他に並ぶものがない。

【つぶやき】
 なかなか意味深いものだろう。最新記録などで割りと良いことに使うもので、進化することを考えれば技術的な競争が必要だが、教育で変な平等主義が蔓延していることが一番日本にとっては悪いことだ。誰でも得て不得手があるのは当然だ。
 いいところを伸ばしていけば良いのだ。
 苦手な部分を無理にやらせるのではなく得意なことを伸ばして、付随して苦手な部分の底上げをしていくことが重要だろう。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

« トンガでM6.2の地震 | トップページ | 無分別に銀行資本の増強を要求するのは有益ではない(ドイツ) »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古今無双:

« トンガでM6.2の地震 | トップページ | 無分別に銀行資本の増強を要求するのは有益ではない(ドイツ) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ