« 汗馬之労  | トップページ | 偶発転換社債を資本として算入することを認める見込み »

2011年10月26日 (水)

中小銀行を対象 に預金準備率を11月に引き下げる可能性(中国)

 みずほ証券アジアの香港在勤エコノミスト
   沈建光氏
の26日付リポートで、中国は経済成長を後押しするため
   中小銀行を対象
に預金準備率を11月に引き下げる可能性があると指摘した。

 沈氏は、年末に向けてインフレ率が4%付近に低下し、不動産市場に
   より明確な転換点
が見られれば、中国人民銀行は全ての銀行の預金準備率を引き下げる可能性があるとみている。
 
 
 
 
 
       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 不動産市場が信用創出のエンジンになっていたようだ。

   

« 汗馬之労  | トップページ | 偶発転換社債を資本として算入することを認める見込み »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中小銀行を対象 に預金準備率を11月に引き下げる可能性(中国):

« 汗馬之労  | トップページ | 偶発転換社債を資本として算入することを認める見込み »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ