« 人民元建ての債券を発行する可能性 | トップページ | 欧州債務危機は欧米諸国の成長を依然として脅かす »

2011年10月31日 (月)

為替市場週明け5時間経過の状況

 週明けに取引再開後、売り気配で出来た谷は取引開始後
    5時間経過
で埋め戻す流れになり、米ドル円相場の流れとして一応谷をは埋めた。
目先、売り調整になれば底値を探るイ75.65円付近でサポートされると76円台を目指す見込みだ。
 欧州の金融マーケットでの信用不安が再燃する可能性がある状況で、ユーロ暴落の懸念が消えないままだが、様子見で市場規模が小さくなっている状況の元で為替介入を強く実施して提灯をつけるような動きを誘わなければ、いったいいつ介入するというのだろうか。
 口先ばかりでは、実際に介入する場合に力を削ぐというこれまでの行為を考えないという愚かさには呆れるばかりだ。

  

« 人民元建ての債券を発行する可能性 | トップページ | 欧州債務危機は欧米諸国の成長を依然として脅かす »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 為替市場週明け5時間経過の状況:

« 人民元建ての債券を発行する可能性 | トップページ | 欧州債務危機は欧米諸国の成長を依然として脅かす »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ