« 偶発転換社債を資本として算入することを認める見込み | トップページ | NZ オフィシャル・キャッシュ・レートを据え置き »

2011年10月27日 (木)

ギリシャ国債のヘアカットで行き詰っている交渉の打開策は?

 フランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相は
   欧州連合(EU)首脳会議
が行われている26日夜
   ギリシャ国債を保有する銀行団
と協議するために調整していることが明らかになった。

 ギリシャ国債のヘアカット(債務減免)の詳細をめぐり行き詰っている交渉の打開を図るという。
 
 
 
 
 
       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 政府側等による一方的なヘアカットでは債務不履行という扱いになるのは当然であり、今後のソブリン債券等の発行において大きな影響が出るのは必定だろう。
 信用劣化の速度を加味しながら、妥協点を探ることになるだろう。

 

 

« 偶発転換社債を資本として算入することを認める見込み | トップページ | NZ オフィシャル・キャッシュ・レートを据え置き »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャ国債のヘアカットで行き詰っている交渉の打開策は?:

« 偶発転換社債を資本として算入することを認める見込み | トップページ | NZ オフィシャル・キャッシュ・レートを据え置き »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ