« ユーロ圏救済基金の融資枠拡大 | トップページ | 孤城落日  »

2011年10月20日 (木)

米国経済が極めて弱い

 ニコラス・エイサギレ西半球局長(国際通貨基金 IMF)は、19日、サンティアゴで開かれた会議に出席し、米国経済が極めて弱く
   470億ドル規模の雇用法案
は行き詰まりになる可能性が高いと指摘した。

 同西半球局長は世界見通しの弱さがさらに
   リスク回避の傾向
を強め、商品相場の上昇はまだ高水準にあるとはいえ、さらに落ち着いていく可能性があると述べた。
 なお、商品市場の動向はアジアからの需要動向に左右されるだろうと続けた。

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 


ひとこと

 新興国の中国とインドが国内経済のインフレ傾向を収束させる政策を転換し、いつアクセルと踏むかと言うことだろう。

   

« ユーロ圏救済基金の融資枠拡大 | トップページ | 孤城落日  »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国経済が極めて弱い:

« ユーロ圏救済基金の融資枠拡大 | トップページ | 孤城落日  »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ