« 至公至平  | トップページ | カダフィ派が立てこもる拠点2カ所の包囲網を縮小 »

2011年10月10日 (月)

コプト教徒と軍治安部隊が衝突

 エジプト・カイロの中心部で9日夕(日本時間同日深夜)、キリスト教の一派コプト教徒らによる
   信教の自由の保障
などを求める抗議デモで一部が
   軍治安部隊
と衝突、投石や車両への放火などが拡大、一帯は騒乱状態となった。
 デモは、コプト教会などに対する攻撃が国内各地で起きている事態に対し、軍政が信教の自由を十分に保障していないことへの抗議目的で組織された。
 なお、同種のデモは第2の都市アレクサンドリアなどにも広がっている。

 衛星放送アルジャジーラによると少なくとも23人が死亡、150人以上が負傷した。

 ムバラク前政権崩壊後の全権を握る
   軍最高評議会
は同日深夜、カイロ市内の一部を対象に10日午前2時から7時までの夜間外出禁止令を出した。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

ひとこと
 独裁による力による箍が緩んだ結果、いろいろな勢力が活動を活発化させており、自由と引き換えに大きな被害が生じることともなる。
 デメリットとメリットの比較になるが、規制緩和等も同様で平和と自由は両立が難しい面が生じ易い。
  
  

« 至公至平  | トップページ | カダフィ派が立てこもる拠点2カ所の包囲網を縮小 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コプト教徒と軍治安部隊が衝突:

« 至公至平  | トップページ | カダフィ派が立てこもる拠点2カ所の包囲網を縮小 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ