« 乾坤一擲  | トップページ | 経済が急激に悪化するリスクは薄れた(米国) »

2011年10月24日 (月)

リセッションに逆戻り

 

マークイット・エコノミクスが24日発表した10月のユーロ圏総合景気指数(速報値)は
   47.2(前月 49.1)
に低下し、拡大と縮小の分かれ目となる50を2カ月連続で割り込んだ。

 事前の市場予想では48.8が見込まれていた。

 ユーロ圏の主要国は短期的に
   大幅な歳出削減
を余儀なくされ、この緊縮策が2012年景気への大きな重しとなるだろう。

 総合景気指数を構成するサービス業景気指数は
   47.2(前月 48.8)
となった。
 また、製造業景気指数は47.3(前月 48.5)に低下した。
 
 
 
 
 
       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

ひとこと
 ユーロ圏17カ国がリセッションに逆戻りしつつある兆候がまた増えた。

« 乾坤一擲  | トップページ | 経済が急激に悪化するリスクは薄れた(米国) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リセッションに逆戻り:

« 乾坤一擲  | トップページ | 経済が急激に悪化するリスクは薄れた(米国) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ