« 断固たる行動を求める | トップページ | 中国は欧州経済を信頼 »

2011年10月13日 (木)

色即是空 

【読み方】

 しきそくぜくう

【意味】
 物質的なものは、すべて実体がなく、むなしい存在であるとする仏教の思想。

【つぶやき】
 宇宙論のような言葉だ。ひも理論を例えとし砕いて話せば、ひもの振動が物を作り出すが、振動の差が物の性質を変えるものであり、この振動がダークエネルギーの本質なのかもしれない。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

 宗教に傾倒するのもいいが、科学が宗教の思考領域まで展開し、いろいろな事実を発見する流れが出てきている。
 ミクロ領域とマクロ領域の宇宙は同じような現象が見られる。
 ひも理論等から考えれば目に見える宇宙4%はひもの波動なのかもしれない。
 ビックバーンは宇宙の一部領域での出来事か、全体領域での出来事なのか?拡大の限界で何度も起きているのかも。

宇宙を支配する“見えない物質”と“見えないエネルギー”の正体に迫る 宇宙の質量を担う成分のうち、我々の知っている物質はたった4%しかない。 残り96%のうち、23%が暗黒物質(ダーク・マター)、73%が暗黒エネルギー(ダーク・エネルギー)といわれる。
      
   

« 断固たる行動を求める | トップページ | 中国は欧州経済を信頼 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色即是空 :

« 断固たる行動を求める | トップページ | 中国は欧州経済を信頼 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ