« 食品価格の落ち着きで中国のインフレ率が鈍化 | トップページ | 劣後債保有者による損失の一部負担という戦略を暗に意味 »

2011年10月28日 (金)

火中之栗 

【読み方】

 かちゅうのくり

【意味】
 危険な目に遭うのを承知で、事態を収拾するため入りこむこと。

【つぶやき】
 リスクを承知で介入する場合には相当の覚悟を持つべきだ。
 口先だけで何も、対抗措置を講じないまま特攻するのはばかげた行為でしかない。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

« 食品価格の落ち着きで中国のインフレ率が鈍化 | トップページ | 劣後債保有者による損失の一部負担という戦略を暗に意味 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火中之栗 :

« 食品価格の落ち着きで中国のインフレ率が鈍化 | トップページ | 劣後債保有者による損失の一部負担という戦略を暗に意味 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ