« 10月末以降の為替市場介入額 9兆916億円 | トップページ | 箕山之志 »

2011年11月30日 (水)

11月の失業者数はエコノミストの予想以上に減少(ドイツ)

 ドイツの11月の失業者数はエコノミストの予想以上に減少した。
 ユーロ圏債務危機のさなかでも
   ドイツ企業の弾力性が失われていない
ことが示された。

 独連邦雇用庁(FLO)が30日発表した11月の雇用統計によれば、失業者数(季節調整済み)は
   291万人(前月比-2万人)
であった。
 事前のエコノミスト予想では5000人減少だった。
 失業率は6.9%と、前月の7%から低下した。

 

 ユーロ圏17カ国の10月の失業率が上昇し、13年余りの最高に達した。

 

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が30日発表した発表によると、10月の失業率は
   10.3%(9月 10.2%)
となった。
 これはユーロ導入前の1998年6月以来の高水準である。

ひとこと
 経済格差で失業率の差が大きく出ている。

      

« 10月末以降の為替市場介入額 9兆916億円 | トップページ | 箕山之志 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月の失業者数はエコノミストの予想以上に減少(ドイツ):

« 10月末以降の為替市場介入額 9兆916億円 | トップページ | 箕山之志 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ