« 中国の対日証券投資は過去最大だった05年通年の約9倍 | トップページ | イタリア国債相場は急落 »

2011年11月10日 (木)

円に新興国の保有が6割強も増加

 国際通貨基金(IMF)によると、世界の外貨準備は6月末に
   10兆804億ドル(前年比+19.8%)
となっている。
 通貨が判明している額に占める円の比率は3.9%で、金額は38.6%増加しており、2005年3月末以来の高さとなった。
 特に中国を含む新興国の保有が62.4%も増えた。

 米ドルの比率は60.2%と過去最低を更新している。
 また、ユーロも26.7%と2四半期続けて上昇した。   

 国際分散を手掛ける債券投資家は
   近年の米欧金利低下
を背景に、日本国債のアンダーウェート解消を進めているようだ。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 基軸通貨である米ドルから他通貨への資金シフトが続いているということだ。

   
 
 

« 中国の対日証券投資は過去最大だった05年通年の約9倍 | トップページ | イタリア国債相場は急落 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円に新興国の保有が6割強も増加:

« 中国の対日証券投資は過去最大だった05年通年の約9倍 | トップページ | イタリア国債相場は急落 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ