« 債務の貨幣化 は絶対に反対 | トップページ | ソブリン債券を買うための外貨基金50兆円は問題!! »

2011年11月24日 (木)

頑迷固陋

【読み方】

 がんめいころう

【意味】
 古いことに執着して、物事の道理が分からなくなること。

【つぶやき】
 先人訓は過去の教えであるが、胡散臭い思考も多く含まれている。周囲の情報が一緒に伝えられることがないことや時間の流れの中で変遷し変化するためだ。

 道理があっても、情報不備で結果が伴わないということかも。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

   

« 債務の貨幣化 は絶対に反対 | トップページ | ソブリン債券を買うための外貨基金50兆円は問題!! »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑迷固陋:

« 債務の貨幣化 は絶対に反対 | トップページ | ソブリン債券を買うための外貨基金50兆円は問題!! »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ