« 信用収縮への対処には金がいくらあっても防げない | トップページ | 世界恐慌の瀬戸際 »

2011年11月26日 (土)

鎧袖一触

【読み方】

 がいしゅういっしょく

【意味】
 簡単に相手を負かすこと。

【つぶやき】
 交渉などでは、いろいろな情報の集積と分析、交渉パターンの組み合わせなど事前の取り組みが重要だが、ワザと負けた振りをして油断させ一撃で再起不能まで叩くと言う方法もあり、結果が残るものでありその過程は表には出ないものだ。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

   

 

« 信用収縮への対処には金がいくらあっても防げない | トップページ | 世界恐慌の瀬戸際 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎧袖一触:

« 信用収縮への対処には金がいくらあっても防げない | トップページ | 世界恐慌の瀬戸際 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ