« 国民投票の計画をすすめることを明言(ギリシャ) | トップページ | 国民投票の計画が吉か凶か... »

2011年11月 2日 (水)

投票で支持を受けても、リスクは払拭できない。

 パパンドレウ首相(ギリシャ)の経済顧問
   エレナ・パナリティス氏
は英国のBBC放送とのインタビューで、ギリシャに対する
   欧州連合(EU)の救済策
は国民投票で支持されるとの見解を示した。
 別の可能性は良いものではないため、国民はこの救済策を支持する立場を貫くだろうと続けた。

      ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 救済策受け入れで国民の意見を聞く機会となる信任投票や国民投票の実施は今後の緊縮策等の取り組みを考えれば合意形成のプロセスから考えれば必要な取り組みになるだろう。
 大多数の国民はユーロ圏からの離脱という選択肢を取る可能性は低くユーロ圏のイに残ることによるメリットを享受することを選ぶだろう。
 ただ、目先はよしとしてもその後の経済対策が不明であり税収が増加する可能性を考えると完全にリスクが払拭されると考えることは出来ない。

 

« 国民投票の計画をすすめることを明言(ギリシャ) | トップページ | 国民投票の計画が吉か凶か... »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 投票で支持を受けても、リスクは払拭できない。:

« 国民投票の計画をすすめることを明言(ギリシャ) | トップページ | 国民投票の計画が吉か凶か... »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ