« 投票で支持を受けても、リスクは払拭できない。 | トップページ | 有為転変 »

2011年11月 2日 (水)

国民投票の計画が吉か凶か...

 パパンドレウ首相(ギリシャ)は1日、アテネでの閣議で閣僚に対し
   国民投票の計画
はギリシャを欧州連合(EU)とユーロ圏のメンバーとして確認し、明確なメッセージを送るものになるだろうと述べた。

 国民に問いたいのは
   この政府か別の政府か
ということではないと述べ
   支援策への是非
   欧州への是非
   ユーロへの是非
だと指摘、早期総選挙に訴えることは責任逃れになろう続けた。

      ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 投票による国民からの支援が確認されれば、ユーロの急騰となるだろう。ただ、週末は模様眺めとなり市場参加者が少なく値が飛びやすい為、押し目で予想通りに投票が進め(ば予想半分だが)急騰するだろう。

  

« 投票で支持を受けても、リスクは払拭できない。 | トップページ | 有為転変 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民投票の計画が吉か凶か...:

« 投票で支持を受けても、リスクは払拭できない。 | トップページ | 有為転変 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ