« 後塵を拝しては咳が出てしまう | トップページ | 欧州中央銀行(ECB)の救済できる能力を強化 »

2011年11月11日 (金)

夏炉冬扇

【読み方】

 かろとうせん

【意味】
 時季はずれの無用なもの、役に立たないもの。

【つぶやき】
 時勢に対して現状では不用で役に立たなくとも、時間がたち季節が変われば必要となるものであり、それを知らずに廃棄すればリスクの芽を育てることとなる。
 日本のマスコミの攻撃対象を見れば明らかに変更的であり、国益とは齟齬があり海外勢力の手先に成り下がっている感じだ。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

  

« 後塵を拝しては咳が出てしまう | トップページ | 欧州中央銀行(ECB)の救済できる能力を強化 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏炉冬扇:

« 後塵を拝しては咳が出てしまう | トップページ | 欧州中央銀行(ECB)の救済できる能力を強化 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ