« 債券市場の介入は短期だけ(ECB) | トップページ | 信に足る問題の解決が必要だ。 »

2011年11月28日 (月)

士魂商才

【読み方】

 しこんしょうさい

【意味】
 武士の精神と、商人の才覚とを備えている。

【つぶやき】
 戦国時代が収束し士農工商の身分が確立したのは江戸時代になってからで、それ以前は自分の財産を守るために武装するのは外的からの侵略を阻止する上では当然の権利だ。

 商人的才覚と武士の精神を分けるのも明治に入ってからの話だろう。もともと、人は両方の能力を備えていないと大成しないだろう。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

« 債券市場の介入は短期だけ(ECB) | トップページ | 信に足る問題の解決が必要だ。 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 士魂商才:

« 債券市場の介入は短期だけ(ECB) | トップページ | 信に足る問題の解決が必要だ。 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ