« 温家宝首相 香港とマカオの行政トップと会談 | トップページ | 新たな通貨スワップ協定 »

2011年12月27日 (火)

フランスの求職者が1999年11月以来最多

 フランス労働省が26日に電子メールで配布した声明によれば、11月末時点の求職者数は
   284万4800人
      (前月比+2万9900人 1.1%)

となり1999年11月以来最多だった。
 前年同期比では5.2%増えており求職者数は12年ぶりの高水準となった。
 景気減速や経営環境の悪化で採用が抑制されたことが背景となった。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 財政悪化で支出を抑制すれば回りまわって景気気が悪化し、失業者が溢れるという事は過去何度もあった出来事だ。
 特に、増税などをさらに実施すれば同様の事態が深刻化するだけだ。

 消費支出の拡大を政策で強化すれば効した事態は避けられるが、知恵が無い政権では無理なのかもしれない。
 メディア出身の閣僚が事業仕分けを演出し、視聴率を稼ごうと必死な姿は経済ニイロハを考えれば江戸時代の吉宗的であり、宗春的な産業振興策から見れば嘲笑の的だろう。

  

« 温家宝首相 香港とマカオの行政トップと会談 | トップページ | 新たな通貨スワップ協定 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスの求職者が1999年11月以来最多:

« 温家宝首相 香港とマカオの行政トップと会談 | トップページ | 新たな通貨スワップ協定 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ