« 津波で電源設備を失ったことが元凶 | トップページ | 自動的・強制的制裁 を盛り込んだ条約改正の推進を表明(ドイツ) »

2011年12月 3日 (土)

2者間融資は納税者に資金負担を求めるものではない。

 欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領は1日、中央銀行から資金必要国への
   2者間融資
は納税者に資金負担を求めるわけではないため
   容易な解決策
になると発言した。
 そのような道筋を模索中だが、金額も問題だと述べた。

ひとこと
 緊急時において直接的な負担を納税者に求めないのは確かだが、危機が解消しなければ輪綿で首を絞められるように経済が低際する可能性が高い。
 なお、政策で経済回復を図り、適正な利益の確保を拡大させ税収を増加させていくことが理想だ。

  

 
 

« 津波で電源設備を失ったことが元凶 | トップページ | 自動的・強制的制裁 を盛り込んだ条約改正の推進を表明(ドイツ) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2者間融資は納税者に資金負担を求めるものではない。:

« 津波で電源設備を失ったことが元凶 | トップページ | 自動的・強制的制裁 を盛り込んだ条約改正の推進を表明(ドイツ) »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ