« 新たな通貨スワップ協定 | トップページ | ロシア中央銀行 為替介入の必要最低額を引き下げ »

2011年12月28日 (水)

艱難辛苦

【読み方】

 かんなんしんく

【意味】
 困難やつらいめに遭って、非常に苦労すること。

【つぶやき】
 出来たらこういう苦労はしたくないものだ。ただ、苦労した体験がないのでは打たれ弱い者になることが多い。教育の平等を履き違えているシステムでは話にならない。努力と結果が一致するような教育が必要で、努力してもしなくても結果が同じなのは平等ではない。

 義務教育では、個々の能力を引き出すようなシステムにすべきであり、個人の我侭に付き合う必要などない。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

« 新たな通貨スワップ協定 | トップページ | ロシア中央銀行 為替介入の必要最低額を引き下げ »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 艱難辛苦:

« 新たな通貨スワップ協定 | トップページ | ロシア中央銀行 為替介入の必要最低額を引き下げ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ