« 鏡花水月 | トップページ | 中国との国境地帯で地雷の埋設作業が拡大 »

2012年1月 3日 (火)

消費支出拡大を促すための刺激策 を来週にも導入する可能性(中国)

 中国国営ラジオ
   中央人民放送(CNR)
によると、中国政府は
   消費支出拡大を促すための刺激策
を来週にも導入する可能性があると報道した。
 この情報は商務省の沈丹陽報道官を引用して伝えた。

 なお、CNRが商務省統計を基に報じたところによれば 
   家電の下取り
に対して
   補助を行うプログラム
は昨年11月末までに
   3000億元(約3兆7000億円)規模の消費刺激
につながったという。
 なお、同プログラムは2009年6月に始まり、昨年末で終了した。

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

   

ひとこと
 人口規模から考えれば、刺激策の範囲によっては景気回復の加速が期待できる。インフレ抑制策が強く行われた影響が沿海州部分に出ており、中小零細規模の企業群が淘汰され、海外資本の一部は逃げ出している。
 意図的に排除し、設備等を取り上げた手法にも見えるが、弱電や衣料品、雑貨等の経営基盤が弱い企業が世界規模の景気後退に伴う需要の減少の影響もある。

   

« 鏡花水月 | トップページ | 中国との国境地帯で地雷の埋設作業が拡大 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 鏡花水月 | トップページ | 中国との国境地帯で地雷の埋設作業が拡大 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ