« ギリシャ政府と民間債権団の交渉は 21日に行き詰ったもようだ | トップページ | 一触即発 »

2012年1月22日 (日)

1+1が1になるような増税は止めるべきだ。

 ドイツのメルケル首相と英国のキャメロン首相は電話会談を行った。

 

メルケル首相のザイベルト報道官によると、両首脳は
   単一市場の完成
   貿易の障害除去

が欧州連合(EU)の重要な任務だと語ったという。
 また、欧州の経済成長の強化と失業への対応で行動することが緊急に必要だと発言したという。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

ひとこと
 国民生活の安定化が政治的な役割の中心にしなければならない。
 財政の悪化を増税で穴埋めしても、消費が後退すれば税収が減っていくだけで何も良くならない。

 増税と年金の一体改革といっても経済の悪化が起こったのでは何もしないほうがましだろう。
 経済を悪化させる1+1が2ではなく1にしかならないような政策は実施すべきではない。

 

政治は1+1が2だけではなく3にも4にもなるような方向にくぬを向けるのが政治家の役割だろう。

  

« ギリシャ政府と民間債権団の交渉は 21日に行き詰ったもようだ | トップページ | 一触即発 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1+1が1になるような増税は止めるべきだ。:

« ギリシャ政府と民間債権団の交渉は 21日に行き詰ったもようだ | トップページ | 一触即発 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ