« お目出度い国家観は早く捨て去るべきだ!! | トップページ | 西側諸国は協議を避ける口実 を探していると非難(イラン) »

2012年1月27日 (金)

狂瀾怒涛

【読み方】

 きょうらんどとう

【意味】
 社会情勢や秩序がひどく乱れていること。
 荒れ狂う大波のように、ひどく乱れて手のつけようが無いさま。

【つぶやき】
 思いつきで取り組むのは何もしないよりもましだという判断は誤りだろう。
 瓢箪から駒などというのは稀もいいところであり、伸るか反るかの判断を放棄するような真似では話にならない。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ

 

« お目出度い国家観は早く捨て去るべきだ!! | トップページ | 西側諸国は協議を避ける口実 を探していると非難(イラン) »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狂瀾怒涛:

« お目出度い国家観は早く捨て去るべきだ!! | トップページ | 西側諸国は協議を避ける口実 を探していると非難(イラン) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ