« 内政干渉の機能のある委員会制度は新たな植民地の確保の号令のようだ... | トップページ | 債務減免交渉の協議で重要な見解一致が見られた。(ギリシャ、IIF) »

2012年1月29日 (日)

緊褌一番

【読み方】

 きんこんいちばん

【意味】
 気を引き締めて、覚悟して事にあたること。
 難事などを前に心を引き締めて物事に取り組むこと。

【つぶやき】
 こうした状況においての取り組み姿勢は日頃からの鍛錬が重要となるだろう。
 誤った判断や行動を取らないようにしたいものだ。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ

 

   
 

  

« 内政干渉の機能のある委員会制度は新たな植民地の確保の号令のようだ... | トップページ | 債務減免交渉の協議で重要な見解一致が見られた。(ギリシャ、IIF) »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊褌一番:

« 内政干渉の機能のある委員会制度は新たな植民地の確保の号令のようだ... | トップページ | 債務減免交渉の協議で重要な見解一致が見られた。(ギリシャ、IIF) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ