« 10-12月の域内総生産(GDP、速報値)は減速 | トップページ | ユーロ圏解体の直前で気迷い? »

2012年2月16日 (木)

ウラン濃縮度20%の燃料板 を製造できる技術を確立(イラン)

 国営プレスTVが15日
   アハマディネジャド大統領
の写真を掲げた施設内を放映し、イランは
   国産の燃料板
をテヘランにある
   研究用原子炉
に装着したことを報じた。

 

イラン当局者によると
   ウラン濃縮度20%の燃料板
を製造できる技術を持つ国はフランスや米国など一握りの国しかないと述べた。(記事

 

アハマディジャネド大統領は
   核開発において大きな成功
だと述べた。

 また、イラン学生通信(ISNA)は、今回の結果は
   イランが他国からの圧力
に屈せず、今後も技術開発を続けていく方針を示していると伝えた。

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 イランの事前に重大発表を行うとして伝えられていた内容が明らかになったものだ。
 濃縮度が増せば核兵器になるが、技術的な蓄積が今後進むことだろう。
 ただ、均一的な濃縮した燃料板を作っていくことは原子炉の運転には不可欠であり、これが可能かどうか。
  
    

« 10-12月の域内総生産(GDP、速報値)は減速 | トップページ | ユーロ圏解体の直前で気迷い? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウラン濃縮度20%の燃料板 を製造できる技術を確立(イラン):

« 10-12月の域内総生産(GDP、速報値)は減速 | トップページ | ユーロ圏解体の直前で気迷い? »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ