« 起承転結 | トップページ | 一蓮托生 »

2012年2月19日 (日)

中国が預金準備率を50ベーシスポイント引き下げ

 中国人民銀行(中央銀行)は18日市中銀行に求める
   預金準備率
を2月24日から
   50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き下げ
ることを決め、ウェブサイトの声明で明らかにした。 
 今回の引き下げが適用される前の同金利は21%で、引き下げは過去3カ月で2度目となる。

 

欧州の債務危機と、国内不動産市場の冷え込みで
   経済成長が脅かされる
なかでの引き下げとなった。

 また、中国商務省は先週、貿易の先行きは「厳しい」との見方を示した。

 

国際通貨基金(IMF)は今月、欧州の債務危機が悪化した場合
   中国の成長率
がほぼ半分に押し下げられる可能性があると指摘した。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 インフレ抑制の金融政策の方向転換を始めたようだ。
 不動産の上昇により大きな歪が生じ、修正が必要であった。
 そろそろ、市場に資金を流通させる寮を増やさないと経済網が寸断するのだろう。

  

« 起承転結 | トップページ | 一蓮托生 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国が預金準備率を50ベーシスポイント引き下げ:

« 起承転結 | トップページ | 一蓮托生 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ