« 第2次プログラムを完成させることが重要(メルケル首相) | トップページ | 空手形になるだけだろう »

2012年2月14日 (火)

危機から教訓 を得て必要な決断を下す力強さ?

 ドイツ政府のザイベルト首席報道官は
   スペインが講じた措置
にも言及し、ギリシャの採決と合わせ
   欧州は危機から教訓
を得て必要な決断を下す力強さを示していると評価した。

          ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 決断力は示したが、景気回復の流れを作り出していない。
 アジア通貨危機の際のIMFや世界銀行等の対応と比較して考えれば欧米には甘い対応ばかりが目に付く。
 自ら身を切って、企業等を淘汰再編する姿勢が見られず
   日本や新興国からの資金
に頼ろうとしているのはいただけない。

   
  
  

« 第2次プログラムを完成させることが重要(メルケル首相) | トップページ | 空手形になるだけだろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危機から教訓 を得て必要な決断を下す力強さ?:

« 第2次プログラムを完成させることが重要(メルケル首相) | トップページ | 空手形になるだけだろう »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ