« 持ち家から賃貸住宅 へと世代の志向が変わる可能性(米国) | トップページ | ボルカー・ルール実施における懸念 »

2012年2月25日 (土)

伝統的な境界線?

 プロッサー総裁(フィラデルフィア連銀)の講演(24日)

 同総裁はニューヨークの講演で米国金融当局による
   住宅ローン担保証券(MBS)
の購入について、財務省が実施すべき政策への
   不適切な侵害
にあたる可能性があると指摘した。

    

 

 講演原稿によると、同総裁は
   市場全体の信用の配分
に変化を促す
   特定の信用プログラム
を実施することは、財政政策の遂行に相当し、財政当局と中銀の間にある
   伝統的な境界線
を侵していると考えると述べた。

   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 FRBと米国財務省の権限の線引きだろうが、FRBの設立の経緯自体にも疑問が...FRBは民間機関ということだが。

 ・ 財務省「オオカミ少年」論
 ・ 闇の支配者たちが仕掛けたドル崩壊の真実

 
   

« 持ち家から賃貸住宅 へと世代の志向が変わる可能性(米国) | トップページ | ボルカー・ルール実施における懸念 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統的な境界線?:

« 持ち家から賃貸住宅 へと世代の志向が変わる可能性(米国) | トップページ | ボルカー・ルール実施における懸念 »

2020年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ