« ウルフ大統領が辞任(ドイツ) | トップページ | 給与税減税置が両院を通過(米国) »

2012年2月17日 (金)

ギリシャが債務圧縮の約束を果たさない場合は反対(キリスト教社会同盟 CSU)

 独誌シュピーゲルによるとメルケル首相(ドイツ)が率いる
   キリスト教民主同盟(CDU)
の姉妹政党で連立与党会派を構成する
   キリスト教社会同盟(CSU)
は27日のドイツ連邦議会 (下院)での採決で
   第2次ギリシャ支援に反対票
を投じると報道した。
 ギリシャが債務圧縮の約束を果たさない場合は反対するという。

  ・ ゴールドマン・サックスが解れば世界経済を操る大謀略が見えてくる
  ・ 通貨戦争 影の支配者たちは世界統一通貨をめざす

 また、CSUはドイツの
   最上級格付けを脅かすような措置
は支持しないとも述べ、ギリシャへの支援資金の支払いは
   必ず、ギリシャ政府側の具体的な改革実行
を伴わなければならないと論じた。

   

     

 歳出削減の約束を果たせない、あるいは果たす意思がないのならば
   ギリシャはユーロ圏を離脱するべき
だとも語ったという。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

ひとこと
 危機回避の動きは一時的な流れでしかないようだ。
 週明けは波乱含みになる気配であり、一時的に退避した方がよさそうだ。

   

« ウルフ大統領が辞任(ドイツ) | トップページ | 給与税減税置が両院を通過(米国) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ウルフ大統領が辞任(ドイツ) | トップページ | 給与税減税置が両院を通過(米国) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ