« 一蓮托生 | トップページ | 新型うつ病は下向きの生活で首の頸筋の異常が原因なのか... »

2012年2月19日 (日)

通貨政策のさらなる柔軟性 を求めた?

 安住淳財務相は19日、中国に訪問し、謝旭人財政相、王岐山副首相と会談した。

 中国金融当局者との会談では、
   通貨政策のさらなる柔軟性
を求めたことを明らかにした。

    

 また、中国側との会談では
   欧州問題
について、欧州諸国のさらなる努力が必要ということで日中が一致したと記者団に対し述べた。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

ひとこと

 欧州ユーロがギリシャ等のソブリン債券の信用不安に伴う問題で下落しており、根本的な解決には欧州加盟国が努力をすることが一番重要であることには疑いがない。
 ただ、昨年11月のユーロ買いを日本が実施した見返りはがいまだに良く分からない。
 発言内容に揺らぎが大きく信用できない感じだ。

 前任の財務相も口先だけで、為替のコントロールができていなかったが、こうした閣僚が2代続くことで世界からなめられている。
 少し脅せば日本はすぐに金を出す、ポケットとしか見られていない。
 独立国として主権と権益を守る意思すらないのが政治家では...

 ・ 通貨戦争 影の支配者たちは世界統一通貨をめざす
 ・ 世界最終恐慌への3000年史 時間とマネーを支配する怪物の正体

   

« 一蓮托生 | トップページ | 新型うつ病は下向きの生活で首の頸筋の異常が原因なのか... »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通貨政策のさらなる柔軟性 を求めた?:

« 一蓮托生 | トップページ | 新型うつ病は下向きの生活で首の頸筋の異常が原因なのか... »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ