« 帰命頂礼 | トップページ | 10-12月の域内総生産(GDP、速報値)は減速 »

2012年2月15日 (水)

1月の輸入物価指数(米国)

 米国労働省が発表した1月の輸入物価指数は
   前月比+0.3%
に上昇した。

 1月の輸入物価指数は
   前年同月比+7.1%
の上昇と、昨年12月の8.5%上昇から伸びが緩やかに鈍化した。

 

 石油や自動車などの値上がりが指数を押し上げる要因となり過去6カ月のうち2カ月で指数が上昇した。
 一方、自動車を除く消費財は低下した。
 なお、前月は0.1%低下だった。

 項目別に見ると、燃料を除く輸入物価指数は
   前月比+0.1%
の上昇となった。

 

 商品相場の上昇緩和のほか
   中国のインフレ減速
   米ドル高傾向
を受けて、輸入物価は今後も上昇が抑制されることから
   消費市場は拡大する動き
になるだろう。

          ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 米国経済には追い風が吹くことになるだろう。
  
   

 

« 帰命頂礼 | トップページ | 10-12月の域内総生産(GDP、速報値)は減速 »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月の輸入物価指数(米国):

« 帰命頂礼 | トップページ | 10-12月の域内総生産(GDP、速報値)は減速 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ