« 長距離ミサイルの本体を発射施設に搬入(北朝鮮) | トップページ | 経済活動には「安定化の兆し」が見える(ECB) »

2012年3月26日 (月)

中央銀行にとって政府の影響を受けず「独立した意見」を主張できることが重要

 ドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)日曜版によると
   バイトマン総裁(ドイツ連邦銀行 中央銀行)
は、中央銀行にとって政府の影響を受けず
   独立した意見
を主張できることが重要だとの認識を示したとのインタビューでの発言を引用して伝えた。

 バイトマン総裁は、ドイツ連銀を含む欧州の中銀の独立性について
   欧州危機のさなかでは好ましい状況
であり、疑問の余地がないと述べたと同紙は伝えた。

« 長距離ミサイルの本体を発射施設に搬入(北朝鮮) | トップページ | 経済活動には「安定化の兆し」が見える(ECB) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 長距離ミサイルの本体を発射施設に搬入(北朝鮮) | トップページ | 経済活動には「安定化の兆し」が見える(ECB) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ