« ギリシャ国内銀行の資本増強計画 | トップページ | ユーロ圏 2月の生産者インフレ率が5カ月連続で低下 »

2012年4月 3日 (火)

拳拳服膺

【読み方】

 けんけんふくよう

【意味】
 常に心中に抱いて忘れないように胸中に刻んで、念頭から離さずに対峙にすること。

【つぶやき】
 油断大敵ということであり、正面の防備は心がけるも脇の甘さは千差万別だ。

 軍事作戦を考えれば、作戦の立案段階で勝敗はほぼ決まったも同然と言われる。
 失敗は、計画通りに行動できないと言う点が考慮されていない場合で、代替案がない作戦だろう。

 現場指揮官の能力による場面も
   心理的な負荷
を吸収して実行できるかどうかだ。

 ナポレオン戦争、南北戦争、関が原の戦いなども同様だろう。
 勝てる軍事作戦でも、諜略や胆力のない指揮官の判断ミスで負けることは多い。

 次の手が出なければ消え去ることになるだけ...

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 

 

ヘイリー・ウェステンラ
     (Hayley Westenra)
 ・ I Am A Thousand Winds
 

   
    

« ギリシャ国内銀行の資本増強計画 | トップページ | ユーロ圏 2月の生産者インフレ率が5カ月連続で低下 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拳拳服膺:

« ギリシャ国内銀行の資本増強計画 | トップページ | ユーロ圏 2月の生産者インフレ率が5カ月連続で低下 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ