« 荒唐無稽 | トップページ | 大統領選挙をめぐるリスクを反映し、5年債の利回りは前回入札時に比べ上昇(フランス) »

2012年4月19日 (木)

円売り拡大

 スペイン政府は19日に国債入札を実施し、2年債と10年債で
   計 25億4000万ユーロ(約2720億円)
を発行した。
 目標上限は25億ユーロだった。

 

10年債の指標銘柄の平均落札利回りは5.743%だった。
 なお、入札前の流通市場では5.789%、1月の前回入札時は5.403%だった。
 2年債の落札利回りは3.463%だった。

 応札倍率は10年債が2.42倍(1月19日は2.17倍)、2014年10月償還債が3.28倍だった。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 スペインのソブリン債の入札は好調。リスクマネーが拡大する引き金を引いたようだ。

   

« 荒唐無稽 | トップページ | 大統領選挙をめぐるリスクを反映し、5年債の利回りは前回入札時に比べ上昇(フランス) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円売り拡大:

« 荒唐無稽 | トップページ | 大統領選挙をめぐるリスクを反映し、5年債の利回りは前回入札時に比べ上昇(フランス) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ