« スペインとフランスの国際入札は波乱含み? | トップページ | 荒唐無稽 »

2012年4月19日 (木)

中国が市場の流動性を拡大?

 野村ホールディングスのエコノミスト、チャン・チウエイ氏がリポートによると
   中国国営の新華社通信
が報じた中国人民銀行(中央銀行)当局者のコメントで
   追加の緩和策が近く実施
されることを示唆していると指摘した。

 新華社では人民銀当局者の話を引用し、中国が必要に応じ
   預金準備率の引き下げ
を通じ流動性を拡大すると伝えた。

 

 当局者のコメントでは政策緩和が間近で、景気が1-3月(第1四半期)に底を打ったもようだとの見方を強めた。

 なお、預金準備率引き下げは年内にあと2回実施される可能性が高く、そのうち1回は5月だとしている。

 

 野村は4-6月(第2四半期)の中国成長率見通しを8.2%と予想しているが
   上振れリスク
があるとみている。

    

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 中国の政治闘争の終焉が近いと言うことだろう。過去、政治体制が固まった後、こうした闘争の影響で経済後退が続いており、市場回復の資金提供を前倒しで行えば悪化する度合いがより軽くなるだろう。

 

« スペインとフランスの国際入札は波乱含み? | トップページ | 荒唐無稽 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国が市場の流動性を拡大?:

« スペインとフランスの国際入札は波乱含み? | トップページ | 荒唐無稽 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ