« 金融政策委員会(MPC) で、資産買い取りプログラムの規模を据え置き | トップページ | パフォーマンス劣化で雇用統計は改善しない(米国) »

2012年5月11日 (金)

米国財政収支約3年半ぶりに黒字転換し 景気は再び拡大(米国)

 4月の米国財政収支は税収の増加と歳出減少が貢献し約3年半ぶりに黒字転換した。

 米国の財務省が発表した4月の財政収支は
   591億ドルの黒字
      (前年同月 404億ドルの赤字)
だった。
 エコノミスト予想では350億ドルの黒字だった。

 

黒字は2008年9月以来で、黒字幅は2008年4月以来の大きさとなった。

 

景気は再び拡大しているが、米国は1兆ドルもの財政赤字を経済成長だけで解消することはできない」と述べた。

 4月の歳入は
   3188億ドル(前年同月比+10%)
歳出は
   2597億ドル(同-21%)
だった。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 日本の貿易収支が大幅に悪化したのとは裏腹の結果になったということだろう。
 高値で米国の天然ガスや石油製品等を日本が購入する流れを作る仕組みのためには原発を止めさせるということが欧米のメジャーには必要で、その目論見どおりに
   メディアのネガティブ
な報道が効いた結果だ。

 作為的に偏向して情報をコントロールして日本の国民に伝え市民団体等チャンネルを駆使すれば日本の政治家等を思うがままに操れるマリオネットとして第二次世界大戦以降にGHQが張り巡らした
   情報統制システム
が今も健在で働いていることのようだ。

  

« 金融政策委員会(MPC) で、資産買い取りプログラムの規模を据え置き | トップページ | パフォーマンス劣化で雇用統計は改善しない(米国) »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 金融政策委員会(MPC) で、資産買い取りプログラムの規模を据え置き | トップページ | パフォーマンス劣化で雇用統計は改善しない(米国) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ